年の瀬に考える

12月の師走になりますと色鮮やかな紅葉シーズンよりクリスマス、忘年会シーズンとなり人との交流が増え、真摯に向き合えば対人関係は深まる時期と言われます。しかし、交流分析の人生態度「I am OK, You are OK」の精神を実践して行く難しさをひしひしと感じる時でもあります。田中角栄氏は言っています。「人の一生はやはり運だと思う。実力はあってもダメなものはダメ、努力と根気、勉強こういったものが運を捉えるきっかけとなる」と。よくTA会場で「Yes, we can! OK」と唱え、大切さを教えられます。人との出会いは運ですが、この出会いを良好な人間関係につなげることができるかどうかはTAの学びと実践が助けとなります。自分の人生を運命、宿命だと諦めずに常にI canを信じ、苦労を明るく乗り越えていく人生にしたいものです。

dscn2633

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>